news

2018/10/04 18:02

ヘッドバッヂ展 12日〜

DSC_4415.JPG

関西自転車業界でご活躍され、自転車パーツのコレクターでもある松久保茂樹氏のコレクションをお借りしました。

日本の自転車が世界に向かって輝いていた1970~1990年代の輸出自転車のヘッドバッヂです。

メーカーの名前をバッヂにしたもの、いまでは考えられない形や名前のもの、いかに日本の自転車業界が勢いがあったか・・・

当時、日本の自転車は世界各地に輸出され好評を博しました。

その想いがこのヘッドバッヂを見ているだけで伝わり興奮してきます!!

真鍮で作られたもの、アルミや白銅で作られたもの、当時、大小合わせて何百社の自転車メーカーや商社が最高の日本の自転車製造技術を屈指して輸出したシンボルがこのヘッドバッヂです。約200のヘッドバッヂを展示しております。

見る価値ありの展示となっておりますので、是非ご来店ください。